バイト・アルバイト情報サイト「変わったアルバイトをしよう」

人とは違ったアルバイト

みなさんはどのようなアルバイトをしたことがありますか?接客や事務などさまざまなアルバイトがありますが、世の中には一風変わったアルバイトというのも存在します。
そのようなアルバイトは、「なかなか経験できないようなアルバイトがしたい!」という方には最適かもしれません。今回は、変わったアルバイトにはどのようなものがあるのかご紹介しましょう。まずご紹介するのは「交通量調査」というアルバイトです。これは何をするアルバイトかと言うと、駅前や交差点の道路脇に座って、交通量や歩行者の数を数えるという仕事です。カウント自体は一日中行われますが、たった一人きりで行うのではなく何人かのグループに分かれて仕事をすることが多いようです。仕事内容としては、ただ単に機械を手に持って人や車が通りすぎるたびにカチカチとボタンを押して交通量を数えるという実に単純なものなので、楽なアルバイトというイメージがつきやすいでしょう。しかし実際は、交通量調査のアルバイトというのは一日9時間〜12時間労働となるケースが多くあり、かなりの忍耐が必要となります。
もちろんこまめに休憩時間はありますが、それでも同じ場所で長時間座ったまま同じ作業をするというのはなかなか辛抱強い方でないと務まらないかもしれません。時給は高い水準で募集もあまりないため、応募が殺到する傾向にあるようです。

単調なアルバイト

不動産、モデルルームの誘導案内などが書かれたプラカードや看板を道路脇で持ち、交通誘導するというアルバイトとなります。
交通誘導と言っても、基本的にはただ単にそのプラカードや看板を持って立つ、または座っているという仕事ですので、誰でもできる簡単なアルバイトだと言えるでしょう。しかしずっと屋外で同じ姿勢で立っていなければいけませんので、たとえ天候が悪くても忍耐強く仕事を行う精神力が必要となるアルバイトでしょう。次にご紹介するのは「エキストラ」というアルバイトです。エキストラという言葉はなじみがある方が多いと思いますが、簡単に言うとテレビドラマや映画での通行人などの役として出演するというアルバイトです。このアルバイトをするためにはまず、エキストラ登録事務所に登録することから始める必要があります。
その際に登録料がかかりますが、一般的には1000円〜3000円程度のところが多いようです。そして書類選考や写真撮影などを行い、仕事をもらってアルバイトするという形になります。
単発で仕事が入ることが多く、仕事が入る時期も不定期なのであまり安定したアルバイトとは言えないでしょう。他にも変わったアルバイトはたくさんあります。
例えばチケットや席取りなどを行う並び屋や、予備校の模試やTOEIC試験などの試験監督というアルバイトもあります。
こういった変わったアルバイトは短期アルバイトである場合が多いので、探してみたい場合は短期アルバイトの求人をチェックしてみるとよいでしょう。人とは違ったアルバイトがしたいという方はぜひ参考にしてみてください。

このページのトップへ

Copyright(C) 変わったアルバイトをしよう All Rights Reserved.